スーパーカー 希少車 販売 サンオートプロジェクト

スーパーカー 希少車 販売 サンオートプロジェクト

STOCK CAR

ストックカー

NSX 3.0 NA1

価格 : ¥5.200.000

基本仕様

年式
平成3年
走行距離
9万300㌔
全長×全幅×全高(cm)
排気量
外装色
グレーメタリック
内装色
ブラックレザー
定員
車両コード

装備内容

NSX 3.0 入庫しました! オートマですがとても快適で十分スポーツ走行を楽しめる車です
内装も外装もとても綺麗でエンジンサウンドも大変良好です

最近流通する台数も減ってきました
一瞬ATだとネガなイメージですが、快適性と丁寧に扱われてきたであろうと予測できる部分はATに軍配が上がります

以下Wiki抜粋

キャッチコピーは『our dreams come true』、『緊張ではない、解放するスポーツだ』。 車名はホンダの新しいスポーツカー、「ニュー」「スポーツカー」と未知数を表す「X」を合成させたNew SportsCar Xの略である。

もともと第2期F1参戦を機に「世界に通用するHondaの顔を持ちたい」との願いから発売された車であり[1]、バブル景気絶頂期の1989年に発表、翌1990年9月14日の販売開始から2006年1月末までの16年間の長きにわたってフルモデルチェンジを行うことなく製造され、2005年12月まで販売がなされた。価格は販売当初は1グレードのみの800万円(AT仕様は60万円高)に始まり、車両の改良や装備の追加などによる値上がりとカスタムオーダープランへの対応で900万 – 1,500万円台となった。なおこの15年間は当時のスポーツカーの新車価格では日本車最高額だった。ホンダにおけるフラッグシップの役割を担っていたが、NSXの生産終了以降はレジェンドにその座を譲った。

運転席後方に搭載し後輪を駆動するミッドシップエンジン・リアドライブ (MR) を採用している。また、当時市販自動車として類を見ない世界初の「オールアルミモノコック・ボディー」を採用した。1990年にはこのボディ構造が、社団法人自動車技術会の「日本の自動車技術180選」の「車体」部門で「剛性解析により理想的な高剛性設計とした」として選出されている。その特殊性から、工場に発電所を併設したり、大工場での産業用ロボットによる流れ作業製作ではなく、エンジン同様、車両の生産は全て手作業で行っていた。このような特色と価格帯から、日本車で唯一のスーパーカーと評された。

日本での販売店はベルノ店。日本国外ではホンダブランドのほか、北米ではホンダの高級車チャンネルのアキュラブランドから発売。日本名と同じ「NSX」の名前で販売された。欧米で2006年から始まる燃費・排ガス環境規制への対応が難しいため、欧州向けは2005年9月末[2]、北米向けは同年12月末[2]、国内向けは2005年をもって生産終了となった。

Contactお問い合わせ

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

スーパーカー 希少車 販売 サンオートプロジェクト

0774-46-1557

営業時間 平日 10:00 - 18:00